当社グループのサステナビリティ

<サステナビリティ推進体制>

当社グループは、スマートな社会を実現するとともに当社グループの持続的な成長を目指すために、下記のサステナビリティ推進体制を構築しております。

<マテリアリティ決定プロセス>

当社グループのESG課題について、以下のStepでマテリアリティ(ESG重要課題)の特定を行い、マテリアリティの決定をしています。

(Step1) 課題の把握・洗い出し
サステナビリティ担当役員を委員長とするサステナビリティ委員会において、各種ガイドライン(GRIスタンダード、SASB、ISO26000)を参考に、グループ各社のビジョン、基本方針、中期経営計画の重要課題、過去のステークホルダーの意見を参考に対応すべき課題の候補を選出

(Step2) 重要性の評価
同委員会において抽出された対応すべき課題ごとに、ステークホルダー視点、当社事業視点の2軸で重要性を評価

(Step3) マテリアリティの特定
同委員会において評価された重要性をもとに、重要度マトリックスを作成し、マテリアリティの候補を特定

(Step4) マテリアリティの決定
取締役会においてサステナビリティ委員会より提示された重要度マトリックス、マテリアリティ候補について議論し、当社グループのマテリアリティを決定

<決定したマテリアリティ>

決定した6つのマテリアリティは次のとおりです。

Page Top
error: Content is protected !!