ESGへの貢献

1.スマート社会とESGへの貢献

当社グループは中期経営計画において、『Shift to the Smart SI 』をビジョンとして、「市場の潜在ニーズを捉え、デジタル技術や新たな潮流に対応した次世代型のシステムインテグレーション事業へと進化することで、スマートな社会の実現に貢献する」ことを目指しています。

当社グループが提供している製品やサービスによって、以下のようなESG課題への貢献を行っています。

当社グループでは、スマートな社会の実現に貢献するため、2つのマテリアリティを設定し、重点的に取り組んでいます。

① 最新の情報技術の提供
② 価値創造型の次世代型SI事業の推進

2.情報技術でよりスマートな社会を作る

当社グループは、スマートな社会を実現するために必要な最新の技術分野を定期的に選定し、重点的な投資をおこなっております。
現在選定されている技術分野は以下の5つです。

社会のデジタル化による各産業界の競争の激化とともに労働人口の減少や働き方改革への対応で企業のDX化が待ったなしとなっている中で、当社グループは、市場や社会の潜在ニーズを捉えた、最新の要素技術等を活用した付加価値の高いITサービスを提供することで、よりスマートな社会の実現に貢献していきます。

具体的には、お客様企業の基幹システムの刷新の機会をとらえて高度な提案をしていくとともに、 Safeを中心とするアジャイル開発やレガシーシステムのオープン系システムへの移行、SoE/SoI分野の高度化などに貢献しています。

Page Top
error: Content is protected !!