PRODUCTS /
SERVICES
製品・サービス

機能詳細 | IT企業の購買EDIクラウドMeeepa

SERVICES

Meeepaを利用した購買業務フロー

発注会社、受注会社でそれぞれご利用いただける機能は異なります。

Meeepa機能一覧

効率的な契約書作成

入力内容から契約書を自動作成

Meeepa上の項目に必要事項を入力することで、契約書が自動作成されます。統一されたフォーマットで作成され、印刷や郵送作業がなくなることで、効率的に業務を行うことができます。

流用・改版で見積書の再作成が簡素化

見積作成時に毎月過去のデータをそのままコピーしたり、コピー後に変更して流用することで、簡単に見積依頼を行うことができます。

外出先からも入力可能

スマートフォンやタブレットからでもMeeepaにログインすれば契約書の作成が可能なので、外出先からでも入力できます。

ダウンロードして紙媒体管理も可能

自動作成された書類はMeeepaからダウンロード可能なので、印刷して保管することで紙媒体での管理も可能です。

スピード感のある受発注・請求処理

請求金額の自動計算

システムに稼働時間を登録することで請求支払額が自動計算され、受注会社で金額確認を行うため、購買部門での照合作業が不要になります。

発注会社主導で請求処理を実施

発注会社主導で請求・精算処理を実施するため、受注会社とのやり取りの中で発生するタイムラグが減少し、受発注・締め処理までの流れがスムーズになります。

契約情報の可視化

締結済み契約をデータ化して一覧表示

パートナー企業と締結した過去の契約はすべてデータ化され、保存用の画面に一覧で表示されるため、過去の契約書類を探す手間が省かれ、全社的な契約管理の統制も整います。

社内共有して誰でも、すぐに検索!

Meeepa上に保存されてデータ化された契約は社内で共有され、社内担当者であれば誰でも、どこからでも検索できるため、必要な情報がすぐに入手できます。

コンプライアンスリスクの解消

タイムスタンプ機能

インターネットを経由し、電子署名及び電子帳簿保存法の一部の要件であるタイムスタンプが備わった電子契約書を自動生成することが可能です。

改ざん防止

タイムスタンプ機能によりMeeepaでは改ざん検知が可能となっているため、改ざん防止につながり、企業のコンプライアンス向上に寄与します。

社員の技術力をタイムリーに把握

スキルシート管理

技術者自身がスキルシートを作成・編集することができるため、自社内の技術者の最新のスキル情報をMeeepa上で管理できます。 また、スキルシートはExcel出力できるので、スピード感のある提案で営業効率を上げることができます。

スキルシート更新督促通知

スキルシートの更新状況が一覧で確認できるため、更新が滞っている場合、該当の技術者に更新督促のメールを送付することができます。

求めるスキルの保有者検索

スキルシート管理

Meeepa内でフレンドになったパートナー企業の技術者を、保有スキルから検索することができます。 また、検索した技術者については、お気に入り登録することで、複数の技術者を比較検討することも可能です。

参画可能時期の検索

Meeepa内で技術者の要員管理ができるため、技術者を空き状況から検索することができます。求めているスキルだけではなく、求めている時期に参画できる技術者を見つけることができます。

パートナーとのつながり拡張

新たなビジネスチャンス

企業情報を公開することで、新しいビジネスパートナーとの取引ができるようになります。横のつながりが拡張されることで、再委託の制限に縛られることなく、新たなビジネスを開拓するチャンスが広がります。

パートナー検索

Meeepa内で求めている技術者が在籍するパートナー企業を検索し、強みを調べてフレンドになることで、企業同士がメッシュ構造でつながることができます。フレンドになると、企業間での取引が可能になります。他社から自社を検索できない設定も可能です。

Meeepa活用例

活用1.共通ツールを利用することで購買業務をシームレス化

課題<購買業務のスキームにお困りの場合>

パートナー毎に発注・請求の手続き方法が異なっていたため、作業が煩雑で発注漏れや支払い漏れなどのミスが散見されていた。
また、見積業務は営業担当、請求・精算業務は購買担当が行っていたため、社内で情報が分断されていた。

Meeepaで解決

パートナー企業との手続きをすべてMeeepaで行うことで作業が統一化されるため、煩雑さを起因とした発注漏れや支払い漏れなどの作業ミスが減少します。あわせて、EDIによりペーパーレス化となるため、郵送やメールでのやり取りがなくなり、誤郵送やメール誤配信といったインシデントリスクもなくなります。また、Meeepa内で見積業務から請求・精算業務までをシームレスに行うことで社内で契約情報が一元化・見える化されるため、業務運営の透明性が確保され、円滑な購買業務の管理が実現できます。パートナーも共通のツールを利用するため、管理も容易となります。

社内運用を変更することなく法改正に対応

課題<法改正対応にお困りの場合>

法改正の度に社内の運用を見直し、運用を変更していた。
見直しの検討に時間がかかり、見直し後も変更した運用をパートナー企業と連携して業務に落とし込むまでに時間がかかっていた。

Meeepaで解決

Meeepaなら、下請法や派遣法、電子帳簿保存法などの法対応は万全のため、法改正が発生した際に都度社内運用の見直しや変更を行う必要はなく、監査や税務調査の対応も意識することなく管理できます。
また、クラウドサービスのため、バージョンアップなどの追加作業も不要となります。

いち早く技術者を見つけて提案の機会損失を抑止

課題<アライアンスにお困りの場合>

求めているスキルを持った技術者が見つからず、引き合いがあっても提案に結び付けることができずに機会損失していた。

Meeepaで解決

Meeepa内でフレンド(企業同士が繋がる機能)になった企業同士で、求めているスキルと保有している技術者を相互に検索することができます。
技術者検索時には参画可能時期も含めて検索できるため、その場で具体的な商談につなげることができ、提案の機会損失を抑止することができます。

また、スキルシート管理機能により、自社の技術者のスキルを一元管理することができるため、求められている技術者のスキルをいつでも確認・提案することができ、大事な商談を逃しません。
※スキルシート管理や他社の技術者検索機能は、Meeepaへ登録いただくと無償でご利用いただけます。

お客様の声

  • 思ったより簡単に導入できました(A社)
  • パートナー様も業務が楽になったと喜んでいただいた(B社)
  • ペーパレスになって業務がどれだけ効率化されるか、期待しています!(C社)
  • システム化したかったけれど、初期費用などのハードルが高く断念していましたがクラウドなので初期費用なく手軽に導入できました(D社)
  • 念願のEDIです!(E社)

よくある質問

サービス利用について

利用を開始するにはどうしたらよいですか?

Meeepaウェブサイト(https://meeepa.jp)から登録ができます。

費用はどれくらいかかりますか?

受注側の企業は無料です。
発注機能を利用する場合のみ、以下の費用が発生します。
月額基本料金 : 12,800円
従量料金:400円/1注文書あたり

SLA(Service Level Agreement)はありますか?

特にSLAは定めておりませんが、基本的には24時間365日の稼働となります。
機能追加等のメンテナンスや、システムトラブル時などには停止が発生します。

事業所別など組織内の単位で登録することは可能ですか?

自社技術者のデータや部門情報、過去の契約情報が共有できなくなるため統合していただくことを
お勧めしますが、登録は可能です。

会員登録をした場合、その中で登録できる管理者数や技術者数に制限はありますか?

特に制限は設けていませんので、全技術者の方にアカウントを発行していただくことが可能です。
また、営業・購買など管理をされる方々には、アカウントごとにできる機能を設定することが可能です。

受発注機能について

発注できるようにするための流れを教えてください。

Meeepa上で発注先の会社とフレンドになります。
フレンドになった後、基本契約の情報や派遣許可番号を登録することで発注ができるようになります。

個人事業主への発注はできますか?

対応可能です。
発注元企業から個人事業主の方をMeeepaに招待する流れとなります。

基本契約を締結していない場合でも発注はできますか?

作業請負(SES・準委任契約)のみ可能です。派遣契約は基本契約内容の登録が必須です。基本契約を締結しない場合、個別契約で発注処理を進めていただくことができます。

対応している契約を教えてください。

準委任、SES、作業請負、派遣といった、稼働時間による精算をする契約に対応しているほか、
一括請負契約にも対応しています。

契約内容の変更に対応していますか?

改版機能にて対応しております。
最初の契約に紐づけて再契約ができます。

経費の登録はできますか?

受注会社から経費を登録することができます。

稼働実績の登録はどのように行いますか?

発注会社から月ごとの集計結果(総稼働時間)を登録していただきます。
2018年6月末の機能追加にて、受注会社からも登録ができるようになります。

残業や深夜帯作業に関する割増精算はできますか?

割増単価が設定できます。
また、稼働実績を登録する際、割増対象の時間を入力できますので、計算対象となります。

固定精算はできますか?

時間外や控除の単価金額を0円にすることで対応可能です。

精算・請求の流れはどのようになりますか?

発注会社にて支払予定金額を計算(原価計算、経費など)したあと、受注会社へ確認依頼を行います。
受注会社での確認後、発注会社で支払処理を実施します。
受注会社からの請求書発行は不要となります。

従量費用はどの操作をすると発生しますか?

作成をした注文書を受注会社へ送付するタイミングで発生します。

再委託先の技術者の管理はできますか?

再委託先の技術者を自社の技術者として提案できます。

派遣法に対応していますか?

派遣法に対応しています。
派遣契約に対応しており、労働者個別派遣契約書への記載事項の管理、技術者・事業所ごとの抵触日が管理できます。

電子帳簿保存法に対応していますか?

電子帳簿保存法に対応しています。
電子帳簿保存法の一部の要件であるタイムスタンプが備わった電子契約書を自動生成することが可能です。

フレンド機能・パートナー検索機能・技術者検索機能について

フレンドになると何が変わりますか?

受発注の対象会社として選択ができるようになるほか、フレンドとなったパートナー企業に在籍する
技術者のスキル検索ができるようになります。

知り合いの企業が参加しているかどうかわかりますか?

フレンド検索機能において、会社名での検索機能があります。

技術者の稼働の空きの管理も可能ですか?

技術者の空き状況を管理する機能があります。
また、フレンドの技術者を検索する場合には、その技術者が空いているかどうかの検索も可能です。

自社の技術者をフレンドに見せる、見せないなどの制御は可能ですか?

フレンドへの公開については制御が可能です。
既定では非公開となっていますので、公開先のフレンドを後から選択することで公開ができます。

他社の技術者を探した場合、後で比較のため見返すようなことはできますか?

複数技術者を選択しての比較機能があります。
また、技術者をお気に入りに登録することで、空きが出そうな場合やスキルシートが更新された
際に通知をするような機能もあります。

データの入力は一括で出来ますか?

技術者・利用者の情報をExcelでインポート可能です。
インポート用のテンプレートもご用意しています。

スキルシートについて

スキルシートの更新を社内に促すような機能はありますか?

3か月以上や6か月以上など更新していない人が何人いるかを確認の上、社内に更新依頼を送信する機能があります。

技術要素や資格はどのように管理されていますか?

検索時の利便性を考え、Meeepa全体でマスタを管理しています。
新規の資格や技術要素については、ご要望いただければ追加することを考えています。

※記載されている会社名、製品名は各社の商標または登録商標です。

Page Top