TDC SOFT

MoobizSync 詳細

活用例


機能

 

主な機能を携帯電話画面を用いてご紹介します。

 

indexfunc03_icon.gif ムービズシンクで利用できるSalesforce機能  indexfunc04_icon.gif オフライン機能 
様々な営業行程における利用シーンを踏まえ、機能紹介をします。 キャッシュを利用することにより、圏外でもデータを参照することが可能です。

 

 indexfunc06_icon.gif オンライン機能  indexfunc07_icon.gif トータルセキュリティ機能
端末にないデータも閲覧・編集ができ、端末にデータを残さない運用が可能です。 携帯電話紛失時を想定したセキュリティを実現。自動データ消去も可能です。

 

indexfunc01_icon.gif カレンダー機能 indexfunc02_icon.gif カスタムタブテンプレート
行動の予定/実績をカレンダー形式で表示し、直感的に予定/実績を把握できます。待ち受けとしても設定可能です。 自由自在にカスタマイズでき、様々な業種及び業務に特化したテンプレートをご紹介します。

1日の業務をサポート

営業、フィールドサポート等、外出の多い業種において報告業務のために帰社しなければならないシーンはよくあること。コンプライアンス上、ノートPCの持ち歩き禁止となりつつある状況の中で、ムービズシンクをご利用頂ければ外出先からいつでもどこでもSalesforceにアクセスすることができます。

overview-zh-02.jpg


商談成立をサポート

商談発生からクローズまで、様々な人がその商談に関わります。その中で、情報伝達が上手く行かなかったり、急に担当を任されたりと、外出先から顧客情報を確認したいことが多々あります。
ムービズシンクをご利用頂ければ、外出先からいつでもどこからでも顧客情報の確認が可能です。

overview-zh-03.jpg




システム構成図

overview-zh-04.gif

ムービズシンクはXMLとHTTPをベースとしたSOAPを使い、SalesforceのAPIを呼び出す事でモバイル化を実現しております。
携帯電話、ムービズシンクサーバ間のデータ通信は暗号化(SSL通信)をする事により情報漏えいを防ぎます。

 

ムービズシンクサーバのセキュリティ

【データ】
ムービズシンクサーバはSalesforce⇔携帯電話間のデータ変換のみを行い、Salesforceのデータを保有しません。

【セキュリティ】
ムービズシンクサーバはTDCソフトが24時間365日厳重な監視体制の下、運用しており、不正アクセス阻止はもちろんの事、耐震、水害等天災対策も考慮し、構築されています。

 

spacer.gif

※記載されている会社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。

PAGE TOP