TDC SOFT

アジャイル開発

背景

1990年代から現在にかけて、ITに求められるニーズは、大きく変化しています。従来のITは、「困っている作業を解消する業務効率化や意思決定の高度化のための技術」でしたが、現在は「新しいビジネスを生み出す為に必要な武器」に変化しています。

また、ビジネススピードも加速しており、より早く価値のあるものを生みだし提供することがビジネスチャンスを得るための重要なファクターとなっています。

業務効率化のためのIT化、ITを活用したサービスの提供にはシステム開発は必要不可欠な時代です。従来は、初期段階で要求事項からシステム仕様にブレイクダウンし、そこで確定した仕様で開発を進める手法がとられていました。
しかし、現在ではユーザ環境の変化や技術革新のスピードが加速度的に速まっており、従来の手法では初期に決定した仕様が価値を失うことも多く、ITが「新たなビジネスを生み出すための武器」にならないケースも発生しています。

例えば、このような話はよく聞くことではないでしょうか。

  • ・想定していたインフラ環境のコストが高いので別のインフラ環境に変えたい
  • ・顧客のオーナー方針が変わり、追加の機能が増える
  • ・開発が進んでいくなかで、ユーザがソフトウェアを理解し始め、開発当時は必要と思っていた機能が不要と感じるようになった

「そもそも要求は変化するもの」という発想のもと、プロジェクト中の要求や変化に対応できる開発技法が見直されています。

アジャイル開発とは?

アジャイル(Agile)とは、「素早い」「機敏な」「頭の回転が速い」という意味があります。システム開発におけるアジャイルとは、少数精鋭で開発サイクルをイテレーション(反復)し、細かな単位でシステムを作り上げていく開発手法です。

従来のソフトウェア開発では、初期段階でのユーザー要求の把握、要求仕様の作成、設計、製造、試験という流れを長期間かけて順番に行う「ウォーターフォール開発」が主流となっていました。一方、アジャイル開発では、ユーザー要求の把握、要求仕様の作成、設計、製造、試験の開発サイクルを短期間で繰り返す事により、お客様と一体となり逐一相談しながら、より早く価値のあるものを提供し、変化に対して素早く柔軟に対応することが可能となります。

未来を予想することは誰にとっても非常に困難な事です。しかし、少し先の事であればその困難さは緩和されます。アジャイル開発では、その不確定要素をできるだけ低減し、より確実なものを素早く提供する事で最大限の価値を提供いたします。

 アジャイル開発ウォーターフォール開発
ユーザ要求変更への柔軟性 変更されることを前提としていて、短期間のサイクルの中でお客様と相談しながら適切なタイミングで変更をに対応するため、柔軟性が高い。 初期段階で要求を確定するため、基本的に要求の変更は行われない。行う場合は、大きな手戻りが発生する事が多く柔軟性が低い。
開発体制 開発期間において基本的に体制の変更は行わず、開発が進むにつれて習熟度やチーム力が向上し生産性が高くなり、チーム力が安定する。 各工程毎に体制の変更が発生する事が多く、基本期に分業制の体制となるため、習熟度やチーム力が安定しない事が多い。
スケジュール 短期的なスケジュールを確定させて、そのサイクルを繰り返す。そのため、リリースについてもその都度お客様との相談により確定させていくため、当初のリリース日程でリリースできるかは保障されない。 初期段階でリリースまでのスケジュールを確定し、それに向けて作業を進めるため、大きな問題が発生しなければ当初決めたリリース日程でリリースを実施できる。
お客様との関係性 今何が必要か、完成しシステムが要求を満たしているかをお客様と開発側で検討/確認する必要があるため、開発期間中は常にお客様に協力いただき、対話しながら開発を進める。 要件定義や基本設計といった初期工程、受入テスト等の最終工程にて集中的にお客様との対話が発生するが、主に製造期間中は基本的に開発側のみで作業を進めるため対話の頻度が低くなる。

TDCソフトがご提供するアジャイル開発技法

アジャイル開発技法は、優れた開発技法ではありますが、お客様にとってシステムの全体像やスケジュール、進捗が把握しづらいといった懸念点もございます。そのため、お客様と一丸となり最大限の価値を提供するためには、優れた技術のスキルやコミュニケーション能力が必要不可欠となります。

TDCソフトでは、アジャイル開発技法のスキルや資格を持ったエンジニアを揃えることにより、アジャイル開発のメリットを最大化することで、お客様に最大限の価値を提供いたします。

アジャイル開発導入支援

・アジャイル開発チーム体制構築支援

・アジャイル開発環境構築支援

様々な開発ツールを活用して、アジャイル開発を成功に導きます。
環境構築、プロジェクト管理や運用を効率化を推進し、開発チームが本質的な活動に集中できるようにします。

Jira Softare MediaWiki
GitLab Jenkins
SonarQube

・お客様側アジャイル開発教育支援

アジャイル開発

・アジャイル開発技法を用いたシステム開発

・アジャイル開発技法を用いた保守/運用

※Jiraは豪州、米国およびその他の国におけるAtlassianまたはその関連会社の登録商標または商標です。
※MattermostはMattermost, Inc.の登録商標です。
※MediaWikiは米国およびその他の国におけるWikimedia Foundationの登録商標または商標です。当社は、Wikimedia Foundationによって公認されておらず、同財団と提携してもいません。
※GitLabは米国およびその他の国におけるGitLab Inc.の登録商標または商標です。
※Gitは米国およびその他の国におけるSoftware Freedom Conservancy, Inc.の登録商標または商標です。
※The Jenkins logo is licensed under the Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 Unported License.(https://jenkins.io/)
※SeleniumはSoftware Freedom Conservancy, Inc.の登録商標です。
※Apache JMeterはApache Software Foundationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。
※SonarQubeはSonarSource S.Aの登録商標です。
※その他の商標は、それぞれの所有者に帰属します。
※本ページに記載されている会社名、システム名、製品名などには、必ずしも商標表示を付記しておりません。

PAGE TOP