TDC SOFT

AI技術 コンサルティング

なぜAIの導入が必要なのか?

AIの活用は業務プロセスの効率化や新たな価値の創出に大きな影響を与えると期待されており、音声の自動応答、チャットによる自動回答、受注予測、障害予測、製造現場の歩留まりの改善といった、さまざまなニーズに応えられると期待されています。 さらには、自動車や設備の自動運転、音楽や文章などのコンテンツの創作など非常に高度な活用領域への適用の期待も高まっています。

AI技術は、既に多くの製品やサービスにも取り入れられ始めており、WEBサービスやイベント会場の接客ロボットなどを通してAIを身近に感じることができるようになっております。

一方で、AIに関するニュースは華々しいものばかりですが、実際に導入を行っている企業は少ないのが実状です。では、導入するためには何から始めたらよいのでしょうか?

現実とのギャップ

AIはとても魅力的なツールではありますが魔法の箱ではありません。実際にAIを導入し運用を行うためには、様々な疑問が湧くと思います。

  • 課題を本当に解決できるのか?
  • 投資に見合う効果は期待出来るのか?
  • 実際に運用は大丈夫なのか?
  • 既存システムとの連携は可能なのか?

AIは日々進化している技術です。このため、AIの導入では、「AIで何ができるのか」を理解した上でビジネス課題の解決に向けた検証が必要となります。複雑な課題であればあるほど、複数の要素技術を組み合わせて課題を解決する必要があります。また、それは現在の技術では解決出来ない(技術面、コスト面、運用面などの)課題なのかも知れません。

TDCソフトは、これらのリスクをお客様と一緒に解決することにより企業価値の向上に貢献します。

TDCソフトが提供するサービス

TDCソフトは、お客様の課題を解決するために、企画、導入、運用を含めた以下のサービスをお客様へ提供します。

1. 導入効果の共有

AIを導入し、 お客様が期待する効果を得ることができるのか、そのコンセプトや効果の測定方法などをお客様の関係者と共有いたします。また、様々なユースケースの中から優先度に関しての検討を行います。

2. 実現性の検証

お客様が達成したい効果・効用を得ることが実現可能なのかを検証します。必要な技術要素、コスト、データなどの環境面も含めて検証を行います。

3. システム構築

技術的に実現可能であっても、実際に社内で運用を行うためには、既存システムへの影響、運用にかかわる人材教育、予測モデルの管理(予測精度低下の検知と精度向上の自動化)など様々な課題があります。
TDCソフトは、お客様へ課題の解決策をご提案し、AIを活用したシステムの導入・運用を支援します。

TDCソフトが提供するサービスの流れ

TDCソフトが提供するサービスの流れ

事例

TDCソフトと近畿大学、AIを使った学生評価支援の研究を開始プレスリリースPDF

【本件のポイント】
● AIを活用したアクティブ・ラーニングにおける学生評価支援のための研究を開始
● 現在大きな問題となっている教員の業務負担軽減に繋がる研究
● アクティブ・ラーニングの普及に貢献し、学生に質の高い教育を提供することをめざす

TDCソフトは、幅広い業種のお客様へ様々なAI技術の導入・開発実績がございます。

導入事例など、詳しくは弊社までお問い合わせください。

サービスに関するお問い合わせはこちらから

PAGE TOP