TDC SOFT

桐島 大

2013年入社 
工学部情報電子工学系学科 卒業

kirisima_2_加工済.JPG

現在の仕事内容
インフラ系SEとして、金融機関システムの保守、および開発環境の構築をしています。
金融機関システムにおいてエンドユーザの操作はWEBアプリケーション、業務アプリケーション等が処理します。これらのアプリケーションを安定稼働させるため、サーバやミドルウェアの保守、構築業務に従事しています。“保守”と聞くと現状維持の印象がありますが、お客様の新サービスや依頼事項に対応するため、常にシステムの更新に取り組んでいます。
また、プロジェクトの規模は30名程度で、お客様先に常駐しているので、当社以外のエンジニアも多くいます。各自が黙々と担当作業に取り組んでいますが、話し掛けにくいことはなく和やかな雰囲気のPJです。

仕事をする際大切にしていることはありますか?
自分の伝えたい情報を相手に理解してもらうこと、相手の伝えたい情報を正確に理解することを常に心掛けています。
SEの会話は業務・技術的な専門知識が多く含まれるため、日常会話と比べると認識相違が起こりやすいのです。この認識相違が後々、問題の発生や作業の手戻り等の資材・時間の損失に繋がるため、普段からコミュニケーションを欠かさないことや状況に合わせた伝え方を意識しています。

やりがいを感じた瞬間
多くの方々と協力してシステムを作り上げていく点でSEの仕事にやりがいを感じます。
IT分野のものづくりは実体が見えにくいですが、システム構築から運用保守まで多くの人が支えることでシステムの安定稼働が保たれています。当社の社員だけでなく他社のエンジニアやお客様と、仕事が完了した際の達成感を共有し、社会の一端を支えるシステムに関わっていくことは大きなやりがいとなっています。

先輩のここがすごい!
当社の先輩方は、挑戦する機会を活かして、確実に自身の成長に繋げている印象があります。新しい案件や新しい役割に対して積極的に取り組む姿を見てきました。その姿は後輩として、チームのメンバとして尊敬できますし、追いつきたい目標です。
後輩に対して良い刺激を与え続ける先輩になれるように、私自身様々な業務に挑戦して成長に繋げることで、お客様や会社に貢献していきたいと思います。

kirisima_1_加工済 .JPG

PAGE TOP